足立区綾瀬の歯医者|なるべく神経を抜かないむし歯治療の新井歯科医院

すべては患者さんのために 当医院はさまざまな取り組みで再治療や悪循環治療からあなたの大切な歯を守ります。arai-dc.net

新井歯科医院(足立区綾瀬)

すべては患者さんのために 当医院はさまざまな取り組みで再治療や悪循環治療からあなたの大切な歯を守ります。arai-dc.net

2021.4.1「王貞治選手の初ホームランの日」


こんにちは、院長の新井です。
4月に入り、少しずつ春の気配を感じられるようになってきましたね。
特にこの時期は、冬に貯まった脂肪を運動などで燃焼させたいという方も多いのではないでしょうか。

王貞治選手の初ホームランの日ところで1959年4月26日は、プロ野球読売ジャイアンツの王貞治選手が初ホームランを打った日です。しかしその後は不調の連続で当時「王は王でも三振王」と野次られますが、王選手は諦めることなく練習部屋の畳が擦り減り、時には天井から垂らした糸を日本刀で切るなど、猛練習を繰り返したそうです。
そして1962年「一本足打法」を確立し、ホームランを量産します。
ついには通算ホームラン数868本の世界記録を樹立するまでに至ります。
まさに「石の上にも三年」ですね。
一方で1980年の引退時、王選手の歯は打撃時の食いしばりによりボロボロであったことはあまりに有名な話です。

今でこそ歯ぎしり・食いしばり予防として、スプリント(マウスピース)治療やボトックス治療が定着していますが、当時はそこまで浸透していなかったようです。
また近年、スポーツ選手に限らず、歯ぎしり・食いしばりをされている方はとても多いと感じています。
私自身も仕事中と就寝中の食いしばりがあり、ボトックス治療によりかなり緩和されました。
食いしばりや歯ぎしりのある方は、歯が崩壊する前に是非適切な治療をお勧めいたします。
それでは、朝晩はまだ冷え込む日もありますので、体調管理に気をつけてお過ごしくださいませ。
今月もよろしくお願いいたします。