足立区綾瀬の歯医者|なるべく神経を抜かないむし歯治療の新井歯科医院

すべては患者さんのために 当医院はさまざまな取り組みで再治療や悪循環治療からあなたの大切な歯を守ります。arai-dc.net

新井歯科医院(足立区綾瀬)

すべては患者さんのために 当医院はさまざまな取り組みで再治療や悪循環治療からあなたの大切な歯を守ります。arai-dc.net

足立区綾瀬の歯医者「新井歯科医院」の歯の豆知識

非常食や水、衛生用品は用意してあると思いますが、意外と見落としてしまうのが「歯ブラシ」。万が一の災害時、デンタルケアの重要性をご案内します。

歯

避難所等で急増する疾患

誤嚥性肺炎や脳梗塞
災害時は、不規則で偏った食生活やストレスなどで、免疫力が著しく低下する。

その状況で歯磨きができないと、口の中の細菌が増えむし歯や歯周病になるリスクが上昇。

特に免疫力が低下した高齢者などは、細菌が肺に達することでこれらの病気を引き起こすことがある。

歯磨きの効果
口の中の雑菌を減らし、喉や肺を清潔にすることで、風邪や肺炎などの予防に。

歯ブラシの刺激が、口の中から脳を活性化させ、器官の異物を排出させる咳反射、食べ物を正しく飲み込む嚥下反射が向上。


水がない時

歯ブラシはあるけど水がない時は
少量の水がある場合、その水で歯ブラシを濡らしてから口の中へ入れ歯を磨く。(水は30㎖以上あればOK)歯ブラシが徐々に汚れてくるため、ティッシュペーパーなどで拭き取り、再び水で濡らして歯を磨く。これを繰り返し、残ったコップの水ですすぐ。

歯ブラシで口を刺激すると、唾液で湿って汚れも落とせる。飲料水やお茶があるなら、飲むときに、ブクブクうがいをすることも効果的。

 

唾液腺マッサージで唾液分泌を促す
口や喉の働きが弱らないよう、食前・食後に口や舌の体操、頬や顎内側のマッサージを行う。


便利なデンタルケア用品

歯みがきシート(または濡らしたガーゼ)

液体歯みがき
水が使えないが、歯ブラシがある場合など、ブラッシング前に使用。

デンタルリンス(洗口液)
ブラッシング後に使用。

災害時のために備えておきたい口腔ケア用品
・歯ブラシ、舌ブラシ・歯間ブラシ、デンタルフロス
・うがい薬・コップ・キシリトール入りのシュガーレスガム
・入れ歯ケア用品 など

 

幼児や高齢者への対応

非常時のエネルギー源としての「甘い物」に注意

チョコレートや飴などを防災グッズに用意する例は多い。特に幼児等は、慣れない状況によるストレスも生じ、保護者がついつい甘い物を与えてしまう上、食生活も不規則になり、口内環境も悪化してしまう。

小学校低学年以下の子供には、保護者が仕上げの歯みがきを行うようにする。また、甘い物は時間とルールを決めて与える。

入れ歯の取り扱い
就寝前には外してキレイにしておくこと。水が使えない場合はティッシュ等で拭うだけでもOK。

手足が不自由で自分で歯磨きが困難な方、よく咳をされている方、お菓子をよく口にしているお子様を避難所で見かけたら歯科医師、医療関係者に相談をするなど、身近なところから助け合いをすることが大切です。