足立区綾瀬の歯医者|なるべく神経を抜かないむし歯治療の新井歯科医院

新井歯科医院(足立区綾瀬)


足立区綾瀬の歯医者「新井歯科医院」の歯の豆知識

こんにちは足立区綾瀬の歯医者、新井歯科医院です。
皆さんは舌のケアについて気にされたことはありますか?
今回は意外と知られていない、口臭の原因にもなっている舌苔(ぜったい)についてふれてみたいと思います。

詳しくはこちら→ 口臭が気になる

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

舌苔とは?

舌の上に付着する白や黄色、まれに黒い苔状のもの

舌苔の正体は、舌の表面にある角質の隙間に溜まった細菌や汚れ。

正常な場合の舌苔

舌の外側や先端がピンク色であり、真ん中にうっすらと舌苔がある。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

異常な場合の舌苔

舌全体が真っ白になり、厚い舌苔に覆われている状態。また、全く舌苔がなかったり、舌苔が所々剥がれていたりする状態も、何らかの栄養素が不足していたり、消化器官などの不調が考えられる。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

適度な量の舌苔であれば問題はないが、多量に付着していると、口臭の悪化だけでなく、体調不良にもつながるため要注意。

これが原因・・・

主にストレスによるドライマウス

現代はストレス社会といわれている。
常に体に緊張状態を強いられると口の中が乾燥して、ドライマウスの原因になる。
それにより、カンジダ菌などの細菌が増殖しやすくなる。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)>

口腔カンジダ症

口腔内に存在する常在菌「カンジダ菌」というカビが原因で起こる口腔感染症。
健康な状態で発症することはないが、免疫力の低下・常在菌間のバランスが崩れるなどの状態になると、増殖して舌の表面に白い付着物が現れる。
体力・抵抗力がないとき、口の中が乾燥している・口内炎ができているときは、カンジダ菌が発生しやすい環境。

舌の状態で健康チェック!

舌苔の色や状態

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

【白】
身体が冷えている。むくみやすい時は苔が厚くなりがち。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

【黒】
抗生剤を長期間使用している時。また全身の機能が低下している時などに起こる。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

【舌苔がところどころはがれている】
免疫力の低下や栄養不足、胃腸の機能低下などがある。

舌苔の色や状態

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

【黒ずんでいる】
血流が悪い時。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

【赤みが強い】
風邪などを引いて高熱の時。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)

【白っぽい】
栄養が足りない時や、
身体を温める力が弱い時。

程よい厚さと大きさがあり、舌の色は薄いピンク色。うっすらと白い苔が表面につき、適度にしめっているのが理想的な舌。

習慣づけたい!舌清掃!

下記の方法で歯みがきの後に!

  • 1日1回が目安、付着量の多い朝にオススメ
  • 歯磨きで使用する歯ブラシ または、専用の舌ブラシを使用
    毛の固さは「やわらかめ」または「ふつう」を。
    専用の歯ブラシもある。
  • 舌苔のある部分を鏡を見て確認しながら磨く
  • 舌の奥から手前に歯ブラシを動かす
  • 強い力で磨かない
    舌の粘膜や、味を感じる「味蕾(みらい)」を傷つけないためにやさしく磨く。
  • 嘔吐反射の防止のため、舌を前に出して磨く
    歯ブラシを口の奥まで入れない。
  • 長い期間で溜まった舌苔は、毎日の掃除で少しずつ落とす
    舌を傷つけないために無理は禁物。

詳しくはこちら→ マイ歯ブラシの選び方

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)
足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 舌苔(ぜったい)