なるべく神経を抜かないむし歯治療の歯医者|足立区綾瀬の新井歯科医院

新井歯科医院(足立区綾瀬)


足立区綾瀬の歯医者「新井歯科医院」の歯の豆知識

歯に悪い、飲酒時の生活習慣

歯磨きをせずに就寝
★飲酒後は歯を磨かず眠ってしまったり、歯磨きがおろそかになったりしがちになる。これが習慣化すると、虫歯や歯周病を進行させる原因に!

飲酒すると口の中が乾燥するので、普段よりも虫歯と口臭リスクが高くなります。

嘔吐するほどの飲酒
★胃酸により歯が溶けやすくなる。

アルコール依存症と歯周病・虫歯
★アルコールに依存すると、体がお酒以外を受け付けなくなり、身体機能や免疫力、回復力が低下してしまう。
アルコールによる利尿作用もあるため、水分不足の状態になり、唾液も減少する。唾液には口の中を清潔にする自浄作用もあるため、特に歯周病の起こりやすい状態になってしまう。

実際、アルコール依存症の方では、虫歯の数の平均が6歯となっています。一般平均は2歯なので、実に3倍も虫歯が多いというデータがあります。

酸蝕症(さんしょくしょう)の危険

酸蝕症…歯が酸性の強い食べ物や飲み物によって溶けてしまうこと
pH値が低い飲み物は、歯を溶かしてしまうリスクが高い。
注=pH値は水素イオン濃度による分類で、pH7を中性の基準値として、7より高いとアルカリ性、低いと酸性であることを示す。

特にビール、ワインは酸性度が高く、長々と飲んでいると酸蝕症を引き起こしてしまうことがあるため、長時間にわたって飲み続けるのは控えるように。

歯だけではない、口腔内への影響

慢性的な多量の飲酒による悪影響
・免疫機能や唾液分泌、口腔衛生の低下
・胃酸の逆流の増加
・酸性で糖質を多く含む酒ばかり飲む事による栄養状態の悪化
・口腔内細菌叢の変化
・グルタルアルデヒドなどの有害代謝産物や外傷が増える…など

口腔、食道ガン発生率が激増
口臭の悪化
歯の着色
歯の喪失および咀しゃく機能の減退
歯科の局所麻酔が効きづらい
…というような歯科的特徴が、アルコール依存症には認められることが多い。

眠くても歯磨きを怠らないで!

少なくてもうがいだけでも
飲み会後の就寝前もしっかり歯磨きをすることが本来は望ましい。
しかし、酔っていてそこまで考えられなかったり、どうしても眠くて歯磨きをサボってしまうことも…。

そんなときは、水で口の中をすすいだり、うがいだけでもするように。
お酒を飲んている最中に一緒に水を飲むだけでも乾燥を防げます。

お酒そのものが、虫歯や歯周病に直接的に悪いわけではありませんが、飲酒と虫歯との関わりや、お酒で歯が擦り減りやすいことを注意して楽しく飲みましょう。