なるべく神経を抜かないむし歯治療の歯医者|足立区綾瀬の新井歯科医院

新井歯科医院(足立区綾瀬)


足立区綾瀬の歯医者「新井歯科医院」の歯の豆知識

9月の第3月曜日は敬老の日です。日本歯科医師会では、高齢になっても豊かに楽しく過ごしていただくために、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切なことであると考えて、診療所や地域におけるいろいろなお口の健康を保持・増進する活動によって8020運動を推進しています。

8020(ハチマルニイマル)運動とは?

日々の手入れから、いつまでも豊かな食生活を!
1989(平成元)年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われている。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて、この運動が始まった。

楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて、生まれてから一生の全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。
ぜひ「8020」を目指してください。

8020の達成のために

生涯にわたっての歯科衛生対策

・「8020運動」は80歳という年齢が設定されているため高齢者の歯科保健対策と受け取られやすい面もあるが達成するには生涯にわたる歯科保健対策が必要。

・歯の喪失の2大原因はむし歯と歯周病。 
歯周病対策としては、歯ブラシによる歯磨き以外にも、デンタルフロスや歯間ブラシを使用しての歯間部清掃が重要だが、専門家による歯垢や歯石の除去も必要。
定期的に歯科医院でのチェックを!

・喫煙も歯周病の原因であることが認められている。

むし歯予防と歯周病予防を充実させることは、活動能力(ADL)や生活の質(QOL)の維持にも繋がります。

効果が表れ始めている

1993年と2011年の比較
★年代別・歯が20本以上ある割合

年代が進むほど、歯の保有本数が増えているのが分かります。
歯への意識と取り組みの効果が表れているようです。

85歳以上の保有率は約20年で5倍以上に!

達成できなくても・・・・

義歯などでもしっかり噛めるように
・しっかりと噛み合い、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)などを入れて口の中の状態を良好に保つことで、20本あるのと同程度の効果が得られる。

・義歯を含めた歯でも、食べ物をしっかり噛むことができれば、全身の栄養状態も良好になり、よく噛むことで脳が活性化される。

歯の状態により、食事の選択肢にも影響。
歯が少ないとやわらかい食べ物を選ばざるを得ないけれど、歯がしっかりあればステーキでもOK!

いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも定期的に歯科医院に行き、口の中の健康を保ちましょう。