足立区綾瀬の歯医者|なるべく神経を抜かないむし歯治療の新井歯科医院

すべては患者さんのために 当医院はさまざまな取り組みで再治療や悪循環治療からあなたの大切な歯を守ります。arai-dc.net

新井歯科医院(足立区綾瀬)

すべては患者さんのために 当医院はさまざまな取り組みで再治療や悪循環治療からあなたの大切な歯を守ります。arai-dc.net

2021.8.1オリンピック


こんにちは、院長の新井です。8月に入り厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
さて賛否両論ありながらも東京オリンピックが開催されていますが、参加選手には精一杯がんばっていただきたいですね。

過去のオリンピック大会では、選手から様々な「名言」も生まれています。
1992年競泳の岩崎恭子選手「今まで生きてきた中で、一番幸せです。」
1996年マラソンの有森裕子選手「初めて自分で自分を褒めたいと思います。」
2004年競泳の北島康介選手「チョー気持ちいい!」など。

ちなみにオリンピック中でのコメントではありませんが、私がとても感銘を受けた、アスリートお二人の言葉があります。
一人目は、レスリング元日本代表の吉田沙保里選手「練習場に何をしにきたのか!を自分に問いかけながら練習に取り組む。」
とかく日々の練習をこなすことに満足しがちですが、先を見据えながら取り組まなければ結果は出ない
ことを述べられています。
二人目は、サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手「努力は報われる?そうじゃないだろ。
報われるまで努力するんだ。」
努力することは当然ですが、努力したことに依存していないか、問いかけたものです。

お二人とも「努力」にあぐらをかいていないかを問い、「本当の努力」とは何かを説いた、すべての分野にあてはまる名言と思います。いずれにしても今大会は、お茶の間で楽しみ、どんな名言が生まれるか、そんな視点で観戦するのも一興かもしれません。
それでは、夏バテや熱中症には十分気を付けてお過ごしくださいね。