なるべく痛くない治療

私も子どものころ、「歯科医院=痛くてこわい」というイメージをずっと持っていました。
そのイメージは、今のお子さんも大人の方も変わらないと思います。
一度痛い思いをしたところには二度と行きたくないですし「行かなくちゃと思っても、こわいから行けない」という方も多いのではないでしょうか。

しかし今では随分技術が進歩して、できるだけ痛くない治療ができるようになってきました。
なるべく痛くない治療」により「歯医者は痛い」というストレスから開放されることと思います。

当医院のなるべく痛くない治療の一例として、麻酔注射法をご紹介します。

 表面麻酔を使います

まず最初に麻酔を打つ部分にお薬(表面麻酔)を塗りますので、麻酔の針を刺すときの痛みの感覚がほとんどありません。

 麻酔液を人肌に温めます

注射をする際、麻酔液が体温より低すぎると麻酔液が入ってきたことを体が敏感に感じ、それを痛みと感じてしまいます。当院では、体温に近い人肌の温度に麻酔液を温めてから注射していますので、注射中の痛みもほとんどありません。

 細い注射針を使います

太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのはイメージしていただけると思います。当院では、なるべく麻酔が痛くないように非常に細い注射針を使用しています。

 ゆっくり麻酔液を入れます

急いで麻酔液を注射してしまうと痛みを感じてしまいます。当院では日々、痛みを感じにくいスピードで注射しています。

 麻酔が効くまで待ちます

麻酔を行なってからすぐに治療を始めてしまいますと、麻酔がきちんと効いていなくて痛みを感じてしまうことがあります。一度痛いと感じてしまうと、痛みに敏感になってしまって、患者さんにとっても治療がつらくなってしまいますので、当院では、麻酔が効いたことを確認してから治療に入ります。

 

*治療前から歯の痛みが強い状態で麻酔をすると、麻酔が効きにくいなどなるべく痛くない治療の効果が薄くなってしまうことがありますので、場合によっては一旦飲み薬(鎮痛剤)で痛みを和らげてから後日治療を行うことがあります。