インプラント

インプラントは、人工歯根とも呼ばれます。

歯の無い場所にインプラントを植えることにより、しっかり噛むことができます。

残っている大切な歯を削ることなく新たな歯ができる治療です。

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

当院のインプラント治療の特長

 安心の国内産インプラントを使用

当院では国内産製インプラントシステム「GCインプラント」を使⽤しています。

より安心・安全なインプラントを提供しています。

 慶應義塾大学病院の口腔外科指導医が在籍

当院では慶應義塾大学病院・口腔外科指導医によるインプラント治療を行っております。

豊富な経験と指導医レベルの技術で、より安心して治療を受けることができます。

 5年保証付き

当院のインプラントは5年保証付きです。治療後、メンテナンスに通っていただければ、万が一問題が発生した場合でも、無償治療をいたします。

インプラント治療(図解)

 

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明をいたします。

 

歯が抜けた所へインプラントを埋入。あごの骨にしっかりと固定されるまで、3~6ケ月待ちます。

 

インプラントによる土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

 

治療後はアフターケアとして正しいブラッシングを行い、歯科医の指示に従い定期検診を受けてください。

失った歯の治療法と特徴

インプラント

・異物感がない
・他の歯を削る必要がない
・硬いものも咬める 
・歯の寿命を短くしない
自由診療(1歯:30万円)

ブリッジ

・汚れが溜まりやすい
・両隣在歯を多く削る必要がある
・歯の寿命が短くなる
・噛む力60%
・保険診療可

義歯

・異物感がある
・噛む力30%
・歯を一部削る必要がある
・歯の寿命が短くなる

・保険診療可

失った歯を放置すると・・・

虫歯や歯周病などの理由で歯を失う事がありますが、その後どの様な変化が起こるのでしょうか?
歯を抜けたままにしておくと、様々な障害が起こってきます(右図)。

 隣り合った歯が隙間を埋めようと倒れてくる。

 噛み合っていた歯が伸びて突き出してくる。

 奥歯の変化に伴いかみ合わせが低下し、前歯 の負担が過大になり寿命が短くなる。

 噛み合わせのバランス異常や、食べやすい方のみでの片噛みなどにより、顎関節の痛みや開口障害を起こす場合があります。

インプラント治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療

歯が抜けた所へインプラントを埋め込みます。

当院では経験豊富な慶應義塾大学病院・口腔外科指導医が行いますので、より安心して治療を受けることができます。

人工の歯を装着

インプラントの土台に人工の歯を装着します。

定期検診

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

良くある質問

 治療後に痛みはありますか?

治療中は麻酔をして行うのでほとんどの場合痛みはありませんが、治療後は1~2日、若干の痛み・腫れが出ることがあります。お薬(鎮痛剤・抗生剤)もお出ししますので激しく痛んだり、腫れたりすることはありません。

 治療期間はどれくらいですか?

インプラントの本数や上顎・下顎により治療期間は異なりますが、インプラントが周囲の骨になじみ人工の歯をかぶせるまでに約3~6ヶ月かかります。治療の回数自体は2回で終わります。

 費用はどれくらいですか?

下部構造・上部構造すべて込みで30万円です。お支払いは2分割~72分割払いまで可能です。