矯正歯科

こんにちは、矯正担当医おとは ひろこです。

歯列矯正の先進国であるアメリカやヨーロッパでは、

成人前に40%もの人が矯正治療を受けています。

最近では、日本においても矯正治療に対する関心が高まりつつあります。

矯正治療は、美しい歯並びやすてきな笑顔をつくるだけでなく、虫歯や歯周病を予防するためにも、とても有効な治療法です。

 

見えにくい歯列矯正

インビザラインはアメリカで生まれた、見えにくい矯正治療です。

コンピューター3Dによって段階的に作成されたアライナー(透明トレー)を、2週間ごとに新しいものに替えていくことにより、歯並びを徐々に治していくことができます。アライナーはお食事、歯磨き以外の24時間装着して頂きますが、透明なので周りから気づかれることはまれです。

誰にも気づかれず、美しい歯並びを手に入れてみませんか?

症例によって費用が変わります。詳しくは無料相談を。

インビザライン動画①

インビザライン動画②

矯正歯科の流れ

矯正相談

患者様の口腔内のチェックを行い、現在の状況と将来の予測および矯正治療についての概略の説明を行います。

矯正検査

レントゲン・写真・歯型の採取を行い、治療計画を立てます。

診断および説明

矯正検査の結果の説明を行います。
治療開始時期・使用装置・期間・費用について詳しく説明を行います。

矯正検査の結果をもとに分析を行い、ご本人に一番あった治療方針を作成しご説明するとともに、治療費用や支払い方法についてもご説明させていただきます。

矯正治療のスタート

矯正治療を希望された場合、矯正治療がスタートします。
毎月1回ごとの来院になります。
治療期間は歯並びの状態にもよりますが、概ね1~2年程度です。

保定

取り外し式の保定装置にて、きれいになった歯並びの安定を図るとともに歯のメンテナンスを行います。

定期検診

保定により歯の周囲の骨がしっかりして、噛みあわせが安定していれば矯正治療は終了となります。

矯正治療終了後は、経過観察や歯のクリーニング、虫歯などのチェックを行っていきます。

よくある質問

 成人でも矯正はできるのでしょうか?

歯がしっかりしていれば、いくつになっても治療は可能です。成長期の治療に比べると歯の移動速度が遅く、一般的に成人の方の治療のほうが若干長引きやすいということはあります。その反面、成人の方は成長発育がほとんどないため、歯の移動計画を立てやすいという利点や、自らの意思で治療を開始するため、協力的で当初の予定期間より早く終了するということもあります。

 

治療は何歳ごろに始めたら良いですか?

顔や顎の成長に影響が及びそうなものは早期に治療を考えます。12歳くらいまでの時期は、細かい歯並びよりも顔の正常な成長を妨げる要因を取り除いたり、永久歯の生える土台となる顎の調節をする治療をします。主に取り外しのできる装置を使用します。なるべく早い時期に1度相談されることをお勧めします。

 

期間はどのくらいですか?

個人差はありますが、基本的には1~2年くらいが標準期間です。