親知らずの抜歯

どうして「親知らず」というのでしょうか?

親知らずはだいたい20歳頃に生えてくるため、昔その頃には親が亡くなっていることが多かったという事で、俗称として呼ばれています。また、20歳頃には大人になり知識も豊富になっていることから、智歯ともいいます。英語で賢い歯=wisdom teethといいます。

親知らずは抜かなくてはいけないの?

親知らずは第三大臼歯といって通常必要とされていない歯です。一般的に顎の大きさに対して生えるスペースが無い為に真横にむかって生えたり斜めに生えたりしてしまいます。手前の歯が親知らずに押されてしまっているため、奥歯に痛みが出たり前歯の歯並びが変化したりすることがあります。

また、一番奥にある為ハブラシが届かず細菌が入りやすくなってしまいます。それによって虫歯になったり、歯ぐきが腫れたりしてしまいます。

埋まっていて悪さをしなければ大丈夫ですが、症状が出るようでしたら早めに抜いた方が良いでしょう。

親知らずを抜かないと以下のような症状になる可能性があります
【左下の親知らず】

●奥歯の痛み
●歯列不正
●親知らずの周りが細菌感染をおこして頬部の腫脹、嚥下障害、嚥下時の痛み、発熱等。

体調が悪い時や疲れ気味の時、また、この様な症状を繰り返している場合は、一度ご相談ください。

他の医院で抜けないと言われた

一般的に「親知らずを抜くと腫れて痛い、抜くのに時間がかかる」と言われていますが、患者さんの歯の状態によって大きく異なります。

また一般の開業医では、技術面の不安、抜歯をする時間が取れない、抜歯に伴うリスクに責任を取りたくない、うまく抜歯できなかった時の医院の評判が心配…などの理由で「抜かない・抜けない」判断をすることもあるようです。その場合、患者さんを大学病院や、大きな総合病院の口腔外科に紹介する医院が多いようです。

当医院はむし歯治療や歯周病治療だけでなく、抜歯やインプラントなど口腔外科の治療も日々研鑽し、実績を積んでおりますので、安心してご来院・ご相談ください。