足立区綾瀬の歯医者|なるべく神経を抜かないむし歯治療の新井歯科医院

新井歯科医院(足立区綾瀬)

先進医療機器の導入


当医院では先進的な機器、レーザー式虫歯探知機(ダイアグノデントペン)で精度を重視し歯に優しい虫歯検査をしています。

ダイアグノデントペンの特徴


痛くない

光をあてるだけですので、痛みは全くありません。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 痛くない

分かりやすい

歯の中が虫歯になっているかどうかを音と数値で知らせてくれます。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 分かりやすい

削る量を抑えた治療と予防が可能

虫歯の部分を把握できるので、削る量も少なくてすみます。 また、ごく初期の虫歯であれば削らずに家でのブラッシングで自然治癒も期待できます。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 削る量を抑えた治療と予防

●ダイアグノデントペンで虫歯を早期発見し、早期予防・早期治療しましょう。


※当医院では一般的に行われている検診(視診・レントゲン診断)に加え、ダイアグノデントペンでの虫歯検査を行っておりますので、他医院での検査結果よりも多く虫歯が発見されることがあります。 ※当検査に別途費用などかかりませんのでご安心下さい。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 早期予防・早期治療

詳しくはこちら→ 虫歯治療

精度を重視した治療

拡大鏡

むし歯と健康な歯の境目を見極めながらむし歯を削るときや、詰め物やかぶせ物と歯の間に、ほんのわずかなすき間や段差も生じないように治療するときなど、歯の治療は非常に繊細な技術が必要になります。
肉眼では見えないような、ほんの少しのむし歯の削り残しや、反対に削りすぎ、詰め物と歯のすき間といったところから、むし歯が再発してしまうことがあります。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 拡大鏡

新しい知識や機器、技術があっても、ちゃんと見えていなければ確実な治療を行なうことはできません。人間の肉眼では見えないような細かい治療を確実に行なうために、当院では、2~5倍くらいの倍率で口の中を見ることができる拡大鏡(ルーペやテレスコープとも言われます)を使っています。

患者さんの口の中を肉眼で見るのと拡大鏡で見るのとでは、見え方がまったく違います。精度を重視した治療を行なうために、拡大鏡は欠かせないと実感しています。

 

口腔内カメラ

治療説明風景

治療内容の説明時、患者さんの「よくわからない・・・」を「なるほど!」 に変える口腔内カメラです。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 口腔内カメラを使用した治療説明

原寸大画像

患者さんへの治療説明や治療時には拡大鏡としても使用します。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 原寸大画像

デジタルレントゲン・歯科用CT

デジタルレントゲンとは

  • 従来のフィルム使用の機器に比べて、人体に受ける放射線量が約1/10で済む
  • 妊婦の方でも安心して使用できる
  • 撮影後すぐに画像診断が可能
  • モニターで濃度の調節や拡大・縮小が可能なので、より的確な診断ができる
  • モニター上で患者さんに分かりやすく説明できる
  • 現像液を使わないので、環境に優しい
  • デジタル画像なので、劣化せずに保存できる

といった利点があります。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 デジタルレントゲン

歯科用CT導入により、抜歯やインプラント・根管治療など、より安全性と精度を重視した治療が可能です。

足立区綾瀬の歯医者 新井歯科医院 歯科用CT

詳しくはこちら→ インプラント

詳しくはこちら→ 親知らずの抜歯