足立区綾瀬の歯医者|なるべく神経を抜かないむし歯治療の新井歯科医院

新井歯科医院(足立区綾瀬)


2019.10.11体育の日


こんにちは、足立区綾瀬の歯医者「新井歯科医院」院長の新井です。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

10月に入り,暑さも和らいで少しずつ秋の気配も感じられるようになりましたね。
さて10月14日は「体育の日」です。
体育の日は「スポーツに親しみ、健康な心身を培う日」とされています。
ちょうど今、日本では世界3大スポーツイベントの一つ 「ラグビーワールドカップ」が開催されています。
ちなみにあと2つは「オリンピック」と「サッカーワールドカップ」です。
やはり皆さんラグビーは、サッカーやオリンピックなどに比べると認知度が低く、詳しく知らない方も多いかと思いますが、個人的にはとても魅力的なスポーツだと実感しています。

私は大学卒業間際の1年弱、サッカー部からラグビー部へ助っ人として活動させていただきました。 (今でも私をラグビー部のOBとして医療の現場でも支えていただくなど、感謝しかありません。) そこで感じたことは、究極の自己犠牲のスポーツであること。そして体型の大小などに関係なく、皆がそれぞれに適したポジションがあり、役割分担のはっきりしたスポーツであること。 実はこれ、医療にも共通しており、まさに医療も「自己犠牲」と「役割分担」の現場であるということです。
またラグビー精神に「One For All , All For One」という言葉があります。「一人は全員のために、全員は勝利のために」という意味ですが、当医院においても「すべては患者さんのために」という基本理念があります。
当医院ではこれからも引き続き、神経を抜かない虫歯治療をはじめ、さまざまな取り組みで患者さんが再治療や悪循環治療に陥らないよう、スタッフ共々医療チームとして日々尽力して参ります。
ではこの季節、寒暖差も大きくなってきますので、体調など崩さないようご自愛ください。